風水では部屋、家のシチュエーション、方角の意味を理解した上で四季も考え、その上でインテリアの五行を考えて配置換えを行います。四季それぞれに配置換えが必要なのです。



風水インテリアという耳慣れない言葉がドクターコパとともにワイドショーでお茶の間を席巻したのはここ5年ぐらいのことでしょうか、今でも人気は衰えません。
風水インテリアは風水術にしたがって家具や間取りの配置を工夫することでよい運勢を作り出すものですが、そもそも風水とは何でしょうか?
風水は地勢がその場所に及ぼす運気を知るための中国の学問で、ファイナルファンタジーに風水師が出てくるからといって、仮想現実の魔道師の技ではありません、今でも中国には風水師と言う職業があるのです。
都市計画、それも王と都建設のために考え出された風水術ですが、そのままでは現代の生活に応用できません。
私は昔京都に住んでいましたが、京都の古い家はすべて風水を考えて作られていました。風水インテリアはそれをマンションの部屋にも応用しようという考え方です。
風水はその場所の、あるいはそこに居る人の運気を高めるための生活術なので、住んでいる部屋のインテリアを風水の考えにしたがって整えることが運気アップにつながるのです。
風水インテリアを考える上で基本となる考えをお示ししながら、ここでは風水インテリアの基礎を説明します。風水インテリアの具体的な実践例については、ネット上にたくさんありますのでこの記事で知識を得た後で見てみましょう。
万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類される五行によって室内のさまざまな構成要素、家具、電化製品、装飾品、観葉植物などを分類することが風水インテリアの基本です。
風水の基本である家の方位や間取り、そして四季折々の考え方、それらにしたがって、家具の配置を考える上で五行のバランスを取るわけですが、使っていない家具などの運気も家の風水に影響を与えることを忘れないでくださいね。
風水インテリアの五行に従って配置された家具や絵画、花などはときにそれまでの雰囲気とあまりにも違うかもしれません。風水インテリアを忘れて元に戻したくなるかもしれませんが、ちょっとだけそれで暮らしてみませんか?
インテリア風水の考え方で家具や部屋を配置することで病気がよくなった人の中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。
風水インテリアの細かいことは数え上げていけば切りがありませんが、玄関、窓、ベッドやメインテーブル、応接間、テレビ、観葉植物などの配置だけでもこれにしたがうことで、あなたの家の健康度が上がれば、住む人の運気が上がるのもうなずけるというものです。
ストレッチポールで健康を維持しよう
ストレッチポールの効果
ストレッチポールの使い方と効果
| 風水