でも、実は京都の家では昔から家単位で風水は考えられてきていました。家の鬼門の方角にはへこみを作って木を植えるというのはまさしくそれです。その室内版が風水インテリアですね。



風水インテリアという言葉を見たり聞いたりすること、今では当たり前ですね。笑顔の怪しいドクターコパなんて方も有名ですね。一時期はうんざりするほど(失礼!)毎日お見かけしました。風水インテリアとは一戸建ての間取り、屋内やマンションの室内のインテリアを風水に従って配置することでその空間の気の流れを改善しようというものです。
インテリア風水の考え方はそもそもどうして生まれたのでしょうか?それを知るためには風水の事の起こりについて知らなくてはなりません。
風水とは歴史を省みて国家や都市の栄枯盛衰を見たときに風水、つまり地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。
風水はそのように都市や町の計画のために考え出された学問なのですが、現代の日本でそれを応用して町を作るなんて場所はどこにもありませんよね。


風水の基本は五行です。世界のすべてを五つの要素に分類し各々の相互関係で成り立っているという考え方この考え方がインテリア風水を語る上では無くてはならない物の1つです。
万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類される五行によって室内のさまざまな構成要素、家具、電化製品、装飾品、観葉植物などを分類することが風水インテリアの基本です。
風水インテリアへの五行の応用は、家具や装飾品をすべてこの五行の中に分類することから始まります。それぞれ分類したものをどういう配置で置くのかがインテリア風水の鍵を握ります。

風水インテリア、実際に効果的な例がいくつも報告されています。風水五行にしたがって部屋の家具を調えた人が慢性のけだるさや咳から開放されたケースでは、その配置にする前にはベッドの下にたくさんのカビが発生していてそれが病気の元だったのが、環境改善でよくなったという報告があります。
風水インテリアの考えに従った配置をすることで運気のよい部屋を作れば、準備は整いました。風水インテリアはあくまでも補助的なものです。まずは自分自身が幸運になるという身構えが必要で、これがあってこそ風水インテリアが生きてくることは忘れないでください。
ランドセルの選び方
ランドセルを購入する
ランドセルのブランド
| 風水