風水インテリアを気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。

風水インテリアがドクターコパとともにお茶の間を席巻したのは21世紀に入ってすぐくらいのことだったでしょうか、今でも人気は衰えません。
風水インテリアは風水術にしたがって家具や間取りの配置を工夫することでよい運勢を作り出すものですが、そもそも風水とは何でしょうか?
風水とは地形や方角がその場所に及ぼす影響について統計することにより把握された中国の学問で、たとえば京都の平安京は風水にしたがってあの場所に作られた古代都市なのです。
平安京の建設にも風水師が関わっていることが香港からの留学生の研究で明らかにされたのは1995年頃のことでしたでしょうか?都市造りに最高の地形であることが複数の中国人風水師によって確認されました。
もはや新しい都市建設の有り得ない現代の風水師の力の発揮場所が家屋や室内単位の風水インテリアというわけですかね。
西洋の考え方ではバイオリズムというのですが、人にはそれぞれ固有の運気という調子のよさの変動があります。インテリア風水はそれを整えてくれるのです。日常生活を送る上であなたの運気アップのためになくてはならないものであり、風水をインテリア配置に取り入れることによって運気UPにつながります。
風水の具体的な例はその場所それぞれでずいぶん違います。でも、基本的な考え方を理解してしまえば、どのようなケースにも応用できます、風水の基本の基本に五行という考え方があります。
五行というのは万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類できるという考え方で、風水インテリアでも家具や装飾品をその概念に当てはめて分類することから始まります。

風水インテリアのことが気に食わない人の中に、その根拠がわからないという人がいます。五行の考え方の根拠は何だといわれても、これは経験を分析したもので、理屈は後付でしかないのが実際です。
風水の考え方でインテリアや装飾品や電化製品を配置することで病気がよくなったがいます。その中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。夏には夏の風水、冬には冬の風水でまめな配置換えが健康によい空気の流れを作ってくれるようです。
風水インテリアの効果を出す大事なポイントのひとつはまめな掃除による清潔と五行バランスの維持です。風水インテリアは、常に清潔を心がけ綺麗にしておくことであなたの気持ちを高揚させてくれます。風水インテリアの効果を最大限に利用して楽しい毎日をおくりたいですね。
◆美肌ケア
◆視力回復
◆あがり症
◆FX
| 風水