風水の基礎となる概念の五行とは世界が 木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)といわれる、五つの要素によって形成されているという考え方で、インテリア風水では五行の組み合わせが重要です。

風水インテリア?何でしょう?風水が運勢を握る、風水が健康を決める、風水インテリアの配置ひとつでお金もちになれる、そういう話は聞いても、どうして風水インテリアの考え方が重要なのかわかりませんよね。
風水インテリアのさまざまな本が出版されていますね。たとえばお金がたまる風水を作るために部屋のある方角に黄色い色の絵を貼りなさいとか。
風水とは、世界を構成する要素に基づいて地形や方角がその場所に住む人々や生物、植物の生活に強い影響を及ぼすと考えて、風水師が発見した法則について応用する中国古来の方法です。
都市計画、それも王と都建設のために考え出された風水術ですが、そのままでは現代の生活に応用できません。
私は昔京都に住んでいましたが、京都の古い家はすべて風水を考えて作られていました。風水インテリアはそれをマンションの部屋にも応用しようという考え方です。
運気は個人の持ち物です。風水はその場所の、あるいはそこに居る人の運気を高めるための補助的な生活術です。住んでいる部屋のインテリアを風水の考えにしたがって整えることでその人の運気がよくなるというのです。
風水の具体的な例はその場所それぞれでずいぶん違います。でも、基本的な考え方を理解してしまえば、どのようなケースにも応用できます、風水の基本の基本に五行という考え方があります。

風水インテリアでは五行に従った家具の把握が重要です。それぞれの家具の置き場所やどういった家具がどの間取りに適しているのか、家具それぞれの運気についても学んでおく必要があります。風水は全てのバランスが大切ですから。
風水インテリアというとばかばかしいとかめんどくさいとか言う人も居ますが、実は五行の考えに従って家具や間取りを配置すると家の中の通気性がよくなることが知られています。
風水インテリアを気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。
風水インテリアの考えに従った配置をすることで運気のよい部屋を作れば、準備は整いました。風水インテリアはあくまでも補助的なものです。まずは自分自身が幸運になるという身構えが必要で、これがあってこそ風水インテリアが生きてくることは忘れないでください。
◆バストアップ
◆ロト
◆恋愛(男性)
◆情報起業
| 風水