風水インテリアは風水にしたがって進められますから、まずは風水の基本の考え方について知っておいた方が風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。

風水インテリア、あるいはインテリア風水術とは家の中の、あるいは室内の家具や花などの色や配置を風水にしたがって整えることでその空間の運気をよくしようという方法です。
インテリア風水の考え方はそもそもどうして生まれたのでしょうか?それを知るためには風水の事の起こりについて知らなくてはなりません。
風水とは歴史を省みて国家や都市の栄枯盛衰を見たときに風水、つまり地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。
風水は都市、それも王宮を抱える国家の首都となる都市を建設するために編み出された学問ですから、現代にあっても都市建設のためにこそ活用されるべきものですが、日本のどこにそれを新しく計画する場所が残っているでしょうか?
もはや新しい都市建設の有り得ない現代の風水師の力の発揮場所が家屋や室内単位の風水インテリアというわけですかね。
風水は運気を呼ぶための学問です。人は固有の運気と言うものを生まれ持っています、その運気を良くする、それに影響を強く及ぼす生活環境を風水の考え方にのっとったインテリア配置でよくしようというわけですね。
インテリア風水を考える上で最低限の知識としても風水の基本的な考え方である五行についてまず知っておいてくださいね。世界はすべて五つの要素に分類されるという考え方です。
風水の基本の考え方に五行があります。万物を5つに分類するというもので、ファイナルファンタジーで風水師に技を覚えさせたときのあの木、火、土、金、水の五種類の分類ですよ(笑)。
風水インテリアへの五行の応用は、家具や装飾品をすべてこの五行の中に分類することから始まります。それぞれ分類したものをどういう配置で置くのかがインテリア風水の鍵を握ります。
風水インテリアの五行に従って配置された家具や絵画、花などはときにそれまでの雰囲気とあまりにも違うかもしれません。風水インテリアを忘れて元に戻したくなるかもしれませんが、ちょっとだけそれで暮らしてみませんか?
風水インテリアを気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。
風水インテリアをいくら駆使しても、部屋の清掃が滞っていると良い気は部屋には入って来てくれないそうです。風水インテリアの効果によくするためにも、自分の住んでいる所を大切にする気持ちを持ちましょう。
★FX
★アフィリエイト
★バストアップ

| 風水