みなさん、風水インテリア術では実際にどうやってインテリアと風水を上手く組み合わせて考えていけばいいのか?から知りたがりますが、基本的な考え方がわかっている方が便利なので、説明しますね。

風水インテリアが運勢を握る、風水インテリアが健康を決める、風水インテリアの配置ひとつでお金がたまるかどうかが決まる、そういう話は聞いても、どうして風水インテリアの考え方が重要なのかわかりませんよね。
風水インテリアは古代中国の遺産である風水の考えに基づいてインテリア配置を考えるものです、といっても風水についてご存知でしょうか?風水から少し説明しましょう。
風水が中国の学問であることを知っておいてください。占星術ではありませんし、ファイナルファンタジーに出てくるからといって仮想現実の魔道師のジョブではありません。(わからない人ごめんなさい^^;)。
平安京を含め、中国文化の強い影響下に建設された都市はすべて風水の考えに従って作られていますが、現代日本では都市計画には応用しようがないですね、場所がないですから(笑)。
そこで燦然と出てきた風水術が風水インテリア術なのです。風水を小さな空間に当てはめようというわけです。
人にはそれぞれ生年月日や生まれた場所などで運気というものが定められるといわれます。風水インテリアでは生活空間である室内や家屋内の運気を風水に基づいて整えることで個人の運気もよくしようという考え方です。
具体的な例に触れる前に、風水の基本の考え方である五行について知っておいた方がいいでしょう。風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。
万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類される五行によって室内のさまざまな構成要素、家具、電化製品、装飾品、観葉植物などを分類することが風水インテリアの基本です。
風水では部屋、家のシチュエーション、方角の意味を理解した上で四季も考え、その上でインテリアの五行を考えて配置換えを行います。四季それぞれに配置換えが必要なのです。
風水インテリアなんてドクターコパの金儲けの陰謀だ、と思う人も多いと思いますが(私もそうでした)、実は風水インテリアを家屋内に当てはめると、実際に家屋内の空気の流れがよくなることが多いのです。
風水インテリアの五行の考えやまことしやかな法則に従っての家具や間取りの配置は実際のところ、理屈はともかく(笑)、健康や気持ちの改善に効果的であることが知られています。
風水インテリアの細かいことは数え上げていけば切りがありませんが、玄関、窓、ベッドやメインテーブル、応接間、テレビ、観葉植物などの配置だけでもこれにしたがうことで、あなたの家の健康度が上がれば、住む人の運気が上がるのもうなずけるというものです。
◆ペット
◆受験
◆ギャンブル
| 風水