人にはそれぞれ固有の運気があります。

風水インテリアという言葉を見たり聞いたりすること、今では当たり前ですね。笑顔の怪しいドクターコパなんて方も有名ですね。一時期はうんざりするほど(失礼!)毎日お見かけしました。風水インテリアとは一戸建ての間取り、屋内やマンションの室内のインテリアを風水に従って配置することでその空間の気の流れを改善しようというものです。
風水をインテリアに応用しようというインテリア風水の考え方はそもそもどうして生まれたのでしょうか?家具の配置がほんとに運をよくするのでしょうか?それを知るためには風水の事の起こりについて知らなくてはなりません。
風水とは、地形や方角がその場所に住む人々や生物、植物の生活に強い影響を及ぼすと考えて、それについて知り、応用する中国古来の方法です。
風水に従って、古代中国の王都は場所を定められました。しかし現代日本でそれが不可能なのは東京や大阪に限らずどこも同じです。
でも、実は京都の家では昔から家単位で風水は考えられてきていました。家の鬼門の方角にはへこみを作って木を植えるというのはまさしくそれです。その室内版が風水インテリアですね。
人にはそれぞれ生年月日や生まれた場所などで運気というものが定められるといわれます。風水インテリアでは生活空間である室内や家屋内の運気を風水に基づいて整えることで個人の運気もよくしようという考え方です。
具体的な例に触れる前に、風水の基本の考え方である五行について知っておいた方がいいでしょう。風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。
五行というのは万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類できるという考え方で、風水インテリアでも家具や装飾品をその概念に当てはめて分類することから始まります。
風水インテリアの五行にしたがって目に見える範囲の家具やカーテンなどを配置換えするのですが、それだけでなく、不用品の処分や配置も大事です。不用品を物置等にしまっておくだけでも気の流れが乱れたりもします。
風水インテリアというとばかばかしいとかめんどくさいとか言う人も居ますが、実は五行の考えに従って家具や間取りを配置すると家の中の通気性がよくなることが知られています。
風水の考え方でインテリアや装飾品や電化製品を配置することで病気がよくなったがいます。その中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。夏には夏の風水、冬には冬の風水でまめな配置換えが健康によい空気の流れを作ってくれるようです。
風水インテリアの考えに従った配置をすることで運気のよい部屋を作れば、準備は整いました。風水インテリアはあくまでも補助的なものです。まずは自分自身が幸運になるという身構えが必要で、これがあってこそ風水インテリアが生きてくることは忘れないでください。
Vラインのムダ毛処理
アトピー性皮膚炎の改善
アトピー対策
アトピー性皮膚炎の治療
| 風水