五行や風水の基本の考え方に理屈はありませんが、経験に従っています。風水インテリアにしたがって四季それぞれにベッドの位置を変えたところ、変える前のベッドの下の床がカビでいっぱいだった。

風水インテリアがドクターコパとともにお茶の間を席巻したのは21世紀に入ってすぐくらいのことだったでしょうか、今でも人気は衰えません。
風水インテリアの人気の高まりとともにさまざまな本が出版されていますね。部屋のある方角に黄色い色の絵を貼ればお金がたまりますから必ず貼りなさいとか。
風水とは中国の長い歴史の中からくみ出された知識です。風水では地形や方角がその場所に及ぼす影響について統計的に把握しよう、それを応用して町を作ろうとした中国の学問で、たとえば京都の平安京は風水にしたがってあの場所に作られた古代都市なのです。
平安京の建設にも風水師が関わっていることが香港からの留学生の研究で明らかにされたのは1995年頃のことでしたでしょうか?都市造りに最高の地形であることが複数の中国人風水師によって確認されました。
風水インテリアは狭い現代都市、香港や日本で暮らす人々の運気を、家や部屋単位で何とか改善しようという風水術の現代への応用方法なのです。
風水は運気を呼ぶための学問です。人は固有の運気と言うものを生まれ持っています、その運気を良くする、それに影響を強く及ぼす生活環境を風水の考え方にのっとったインテリア配置でよくしようというわけですね。
風水インテリアは風水にしたがって進められますから、まずは風水の基本の考え方について知っておいた方が風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。

たとえば、家具の素材や置いている場所、その色の組み合わせ、花の種類、色、飾りかたやインテリア雑貨の配置の仕方もすべて、家の中に良い気を創るためには調和の取れた五行の組み合わせ、これを確認して行うことが重要なのです。
風水インテリアは怪しすぎるとか、風水のことが気に食わない人の中に、その根拠がわからないからだめで、説明のつかないものは真実ではないという人がいます。五行の考え方の根拠は何だといわれても、これは経験を分析したもので、理屈は後付でしかないのが実際ですが、方角や四季の変化、家族構成に応じて変化する風水インテリアの概念、捨てたものではありません。
風水インテリアでは四季の変化に応じて家具の配置を換えますが、これは四季それぞれの温度や風向きを考えてあります。風水を気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。
インテリア風水の、色はどうも信じられないという人もいらっしゃいますが、色というものは人間の心理に与える影響は強いのです。それが住む人の気持ちを高揚させればそれだけでも風水インテリアの効果は十分なのではないでしょうか。
アルバイト
楽しくアルバイト
アルバイトの仕事
いびき
| 風水