風水はその場所の、あるいはそこに居る人の運気を高めるための生活術なので、住んでいる部屋のインテリアを風水の考えにしたがって整えることが運気アップにつながるのです。

風水インテリアという言葉を耳にすることが多いと思います。ドクターコパなんて方も有名ですね。風水インテリアとは屋内や室内のインテリアを風水に従って配置することでその空間の気の流れを改善しようというものです。
風水インテリアは風水術にしたがって家具や間取りの配置を工夫することでよい運勢を作り出すものですが、そもそも風水とは何でしょうか?
風水とは、地形や方角がその場所に住む人々や生物、植物の生活に強い影響を及ぼすと考えて、それについて知り、応用する中国古来の方法です。
平安京の建設にも風水師が関わっていることが香港からの留学生の研究で明らかにされたのは1995年頃のことでしたでしょうか?都市造りに最高の地形であることが複数の中国人風水師によって確認されました。
でも、実は京都の家では昔から家単位で風水は考えられてきていました。家の鬼門の方角にはへこみを作って木を植えるというのはまさしくそれです。その室内版が風水インテリアですね。
人は運気と言うものを生まれ持っています、その運気を良くするも悪くするもその人次第ですが、それに影響を強く及ぼす生活環境を風水の考え方にのっとったインテリア配置でよくしようというわけですね。
インテリア風水を考える上で最低限の知識としても風水の基本的な考え方である五行についてまず知っておいてくださいね。世界はすべて五つの要素に分類されるという考え方です。

風水インテリアでは家具の素材や置いている場所、家具のカラーの組み合わせ、花の飾りかたやインテリア雑貨の配置の仕方もすべて、家の中に良い気を創るためにバランスのよい五行の組み合わせが鍵となるのです。
風水インテリアのことが気に食わない人の中に、その根拠がわからないという人がいます。五行の考え方の根拠は何だといわれても、これは経験を分析したもので、理屈は後付でしかないのが実際です。
インテリア風水の考え方で家具や部屋を配置することで病気がよくなった人の中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。
風水インテリアの細かいことは数え上げていけば切りがありませんが、玄関、窓、ベッドやメインテーブル、応接間、テレビ、観葉植物などの配置だけでもこれにしたがうことで、あなたの家の健康度が上がれば、住む人の運気が上がるのもうなずけるというものです。
いびき対策
いびき改善
イントラレーシック
イントラレーシック手術
| 風水