風水インテリアのさまざまな本が出版されていますね。たとえばお金がたまる風水を作るために部屋のある方角に黄色い色の絵を貼りなさいとか。

風水インテリアがドクターコパとともにお茶の間を席巻したのは21世紀に入ってすぐくらいのことだったでしょうか、今でも人気は衰えません。
風水インテリアは古代中国の地勢学の集大成であるである風水の考えに基づいて家の中でインテリア配置を考えるものです、といっても風水についてご存知でしょうか?風水から少し説明しましょう。
風水とは、地形や方角がその場所に住む人々や生物、植物の生活に強い影響を及ぼすと考えて、それについて知り、応用する中国古来の方法です。
風水に従って、古代中国の王都は場所を定められました。しかし現代日本でそれが不可能なのは東京や大阪に限らずどこも同じです。
インテリア風水では、都市計画ではなくて家そのものを、あるいはマンションの部屋そのものを風水に当てはめる空間として考えて、よい運勢を家に招こうというものです。
風水は運気を呼ぶための学問です。人は固有の運気と言うものを生まれ持っています、その運気を良くする、それに影響を強く及ぼす生活環境を風水の考え方にのっとったインテリア配置でよくしようというわけですね。
風水の具体的な例はその場所それぞれでずいぶん違います。でも、基本的な考え方を理解してしまえば、どのようなケースにも応用できます、風水の基本の基本に五行という考え方があります。
個人に運気があるように、家具にもそれぞれの運気があります。そしてその用途によってこれがまた異なるのです。五行では万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類するのですが、家具もこれに従って分類して考えます。
風水インテリアでは不要な物の行方にも気を配ります。これも五行にしたがって分類し、家具以外に色々な、知人からの贈り物や入らなくなったものの処分も考える必要があります。
風水インテリアというとそんなばかばかしいこと信じられないとかめんどくさいとか言う人も居ますが、四季や方位も考える風水は、五行の考えに従って家具や間取りを配置すると家の中の通気性がよくなることが知られています。
インテリア風水の考え方で家具や部屋を配置することで病気がよくなった人の中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。
風水インテリアの考えに従った配置をすることで運気のよい部屋を作れば、準備は整いました。風水インテリアはあくまでも補助的なものです。まずは自分自身が幸運になるという身構えが必要で、これがあってこそ風水インテリアが生きてくることは忘れないでください。
ゴールデンウィークに海外旅行
ゴールデンウィークにファミリーで海外旅行
ゴールデンウィークの海外旅行
| 風水